海辺の町のビーズ屋さん

~海辺の町より~&~緑いっぱいの町より~ 毎日のちょっとしたステキを潮風にのせて♪    

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

『美花選』展の本

0

最近購入した素敵な本が2冊あるのですが
そのうちの一冊を今日は紹介したいと思います


花の画家 ルドゥ―テ『美花選』展の本です

この展示会情報を他の方のブログで知り
とても行きたかったのですが遠くてとても行けないし・・・
ただただ羨ましく思っていたところ
本の購入は出来る事を知り
慌てて申し込みました

届いた本♪

素敵~☆

花部分アップ♪


本の美しさに開く前よりうっとりです



ここで知らない方の為に・・・本より抜粋


ピエール=ジョセフ・ルドゥ―テはフランス革命の混乱の時代を
駆け抜けた不世出の植物画家です。
フランス革命後 皇帝ナポレオンの妃ジョゼフィーヌなどの
庇護のもと、宮廷画家として王侯貴族や上流階級の人々に
「花のラファエロ」あるいは「バラの画家」と
称えられ、植物画家として多大な名声を得ました。


↓この方ね☆

ルドゥーテ


この本の中をちょっぴりチラ見せ
私のお気に入り抜粋


素敵なバラとか・・・

白いバラ


果物とか・・・

サクランボ


どれも素敵だけど やっぱり一番ズキュンとくるのは
彼の描いたブーケ作品

ヨーロッパではブーケと言うのは必ずしも花束ではないらしいです。
花の集合体・・・
花束が何もない背景の中に描かれる
ヌードな状態のブーケ、
その手法も より美しく花を際立たせて
どれもこれもこんな目をして
見入ってしまいます


大好きなパンジー♪

パンジー

↓こちらは紙でなく動物の皮ベラムに描かれたもの
水彩絵の具を使用した場合、紙に比べ
絵の具のしみ込みが少ないため 色の発色が良いとか・・・
でも扱いの難しさなど高い技量を欲求される

すなわち彼の腕の確かさを物語っているそう

こちらの花束
スズラン キンポウゲ マルメロ アネモネ 
ムラサキセンダイハギ セキチク

べラムに・・・


こちらは・・・
赤のラナンキュラス 紫と黄色のパンジーの花束

ほんとにキレイ!


私が使ってるデジカメ凄い安物だし
私の腕もないので 
この美しさが伝わらないのが残念でなりません


興味ある方はこちらでどうぞ→








yoko






ブログランキングに参加しています
↓バナーをクリックお願いします
クリックよろしく♪


いつも応援、本当にありがとうございます



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。