海辺の町のビーズ屋さん

~海辺の町より~&~緑いっぱいの町より~ 毎日のちょっとしたステキを潮風にのせて♪    

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

母のコト 母の部屋

0

夕方、ショートステイから帰宅した母。

しばらく、ごちゃごちゃと文句を言われ
我慢の数日なのでしょうか???


母との会話

耳が悪い母に、
何回も大声を出すのが大変なので
コースターに、いつも聞いたりする事を書いて
見せるようにしました。

昼間はいいけど
夜間は・・・あまり効果なし


リビング横の母の部屋です。

和室②

東側の窓(左)と南側に窓(右)がある
六畳の和室です。
畳がすり減って痛むのが嫌なので
フローリングカーペットを敷いています。

夜は襖を閉めて、仕切ります。


和室①

ベッドから、テーブルと歩行器まで
一直線で移動出来ます。

時計は寝ていても見えるように
低い位置に。
でも、いつも時計を探しています

和室③

ゴミ箱におしっこをしてから
ゴミ箱はやめて
ビニール袋を、あちこちにマステで張りつけています。

ベッドの枕元、椅子の後ろ、テーブルの横の三箇所

ゴミ箱がどこにあるのか
覚えられないので
目の前にないとダメなんです。

ベッドに腰掛けている時は
テーブル横までは遠いので
椅子の後ろにゴミ袋をつけてあげたら
テーブルに座った時に
「ゴミはどこに捨てるの?」と言うので
テーブルの横にも設置しました。

正直言って
ゴミ袋を首から下げておいて欲しいです

あと和室に押入れがあるんですが
先日、押入れも開けて
なぜか肌着を五枚も着ていたりしたので
押入れに鍵をつけました。



夜中に障子を
何回も開け閉めして
うるさいので
ベッドとテーブルで
窓の方に近寄れないようにしました。

あれからビックリするような事はないけど
やはり夕方から夜間は
意味不明な事ばかり言います。

トイレに行くたびに
トイレの場所が
昼間は分かっていても
夜になると、全くわからない。

病院と間違えているのか・・・
「おしっこ採るの?」とか。

19時ぐらいに
寝ると言って、電気を消すけど
「トイレの場所の確認しておこうと思って・・・」と
襖を開けたり、閉めたり。
それを21時ぐらいまで、何回もします。

21時過ぎると
一旦、しばらく寝ますが
またトイレに起きてきたり・・・
母が家で過ごす
四回の夜が長いこと。

自分の生活も
夜に寝ないで
何かするようにした方が楽になるかな?

たいして広い家ではありませんが
トイレに行くまで、のっそり歩くし
場所がわからない。
トイレに入ったら「何しに来たんだっけ?」とか
用を済ませて、戻ってくるまでに
最低でも15分はかかります。

さすがに冷えて
母を部屋に戻してから
私もトイレに

まだシーツなど汚したりはなく
トイレに行ける
ご飯も一人で食べれる
自分の名前も分かる。
私と主人の事は、分かる。

出来る事があるだけ
まだまだマシなんだろうけど
やっぱり私には
ついてゆけないなぁ~


今日も読んでくれて
ありがとうございます










緑いっぱいの町より fujico







ブログランキングに参加しています
↓バナーをクリックお願いします
クリックよろしく♪


いつも応援、本当にありがとうございます






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。