海辺の町のビーズ屋さん

~海辺の町より~&~緑いっぱいの町より~ 毎日のちょっとしたステキを潮風にのせて♪    

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ブランドカップ

2   0

見て下さい

ジャジャーン

ジャジャーン!
もう一回、ジャジャーン!(笑)



このカップの柄、もうおわかりですよね


前回紹介した とっても素敵な絵本
『野ばらの村のものがたり』のカップなんです

私の結婚祝いに友人の一人がプレゼントしてくれたものです

私の好みをちゃんとわかってくれてる~

何年経っても思い出すと嬉しいものです


このカップ ロイヤルドルトンから出てるんです

少し大き目なので冬にたっぷりのミルクティーやココアなんて
飲むのにいいんですよ

それなら冬に紹介すればよかったね

相変わらず 私のすることはとんちんかん
笑って下さい(笑)


さて、このカップ子供が生まれてからは
食器棚のお飾りになっていたんです

だって割られると困るもの
困る原因のものは出さないのが一番

しみじみそう思った出来事がありました。


昔、A宅におよばれしたんです。
子供が2歳くらいでひと時もじっとすることのない時期です。
みな同じ年頃の子供がいたので「遊びにきて」と
何組かの親子がA宅でママ達はお茶、その傍らで子供組は遊んでと
よくある光景です

たまたま、Bさんの子供が母親に出されていたカップに手を出し
割ってしまったんです

もちろんBさんは「ごめんなさい」と謝罪し
Aさんも「いいのよ、気にしないで」とおっしゃっていました


でもね・・・私は食器好きだから一目で
ブランドものだよ~
気にしちゃうよね~コレ高級カップじゃない
ひぇ~

他人事ながら冷や冷やしてたんです

ところが後日
Aさんがグチっているのを聞いてしまったんです
「Bさんあの後、音沙汰ナシよ~!あの食器気に入ってたのに」

ちょっと私としてはなんとも言えなくって。

私なら割ってしまったものは可能なら買って返すか
値段確かめ・・・それ相当の商品券とかなにかしらすると思うの
少なくとも後日もう一度謝る事は絶対する

BさんもBさんだけど・・・
Aさんもね・・・

割った人が困るような食器を出すのもね・・・
子連れってわかっつてるんだから
ってこれは私の感覚なんだよね

自分と同じ感覚の人だとトラブルは少ないのですが
人によって様々ですからね

こんな思いはしたくない
それ以来
我家のブランドカップは長い間封印されっぱなしで

最近ですよ。
子供も中学生
もう、いいでしょう

でも私はまだ子供の前で使ってませんけどね
こんなに子供に用心してても・・・
きっと割るのは・・・私・・・なんだろうな~

その覚悟だけはしてますの(笑)


大事な結婚祝いのプレセント♪








                   yoko





ブログランキングに参加しています。
下のタグをクリックよろしくお願いいたします
クリックよろしく♪

2 Comments

apple says..."こんばんわぁ~♪"
オシャレなカップですね☆とんちんかんの所で、バッチリ笑いましたよっ♪
Bさんがカップを割ってしまった時に、Aさんが気にしないで~♪(そのように言うしかないけど。。)って言ってるのに後々、グチるのは嫌ですねぇ~。。。
私だったら、自分のお気に入りは絶対に使わせないかなぁ~・・・
お客様用のは、割れてもショックを受けない物にするっていう手もありますよねぇ~♪
2008.08.13 21:35 | URL | #- [edit]
yoko says...""
apple様☆
本当に・・・とんちんかんなんですよ!(笑)
後で色々と聞くのは嫌な気分でした~。
Bさんもその後、顔を合わせてもカップの事など忘れたかのような態度に
Aさんの怒りがおさまらなかったんじゃないかと思います。
ちょっとした思いやりが足りなかったように感じました!
大学時代の友人の家にこの間遊びに行ったら
可愛い百均のカップでお茶をいただきました♪
まだ小さい子供がいる家庭!
これなら心から気にしないで♪と言えますよね☆
いいアイディアだと思いましたヮ!

2008.08.14 09:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://umibenomachi.blog62.fc2.com/tb.php/675-3491cbe3
該当の記事は見つかりませんでした。